南九州歯学会

南九州歯学会設立のご挨拶

会長

南九州歯学会 会長 宮 脇 正 一

 皆さん、こんにちは。この度、南九州歯学会の会長を拝命しました鹿児島大学歯学部長の宮脇です。
 さて、鹿児島大学歯学部は、昭和52年(1977年)10月に設置され、これまで南九州沖縄地域で唯一の大学歯学部として、本学ならびに他大学の教授や鹿児島県歯科医師会の会長などこれまで約2100名の歯科医師を輩出してきました。そしてこの度、南九州沖縄地域の歯学ならびに関連分野のさらなる発展を目的に、鹿児島大学歯学部の教授が主体となって、鹿児島大学歯学部同窓会の会長をはじめ役員の先生方とともに、南九州歯学会を設立することになりました。また同時に、新たな学術雑誌「南九州歯学雑誌」も発刊することに致しました。
 本学会の設立が、南九州沖縄地域でご活躍の皆様の学術交流の推進と歯科医療の発展および優秀な人材の輩出の一翼を担えることが出来れば幸いです。
 歯科医師、歯科技工士、歯科衛生士をはじめ関連する分野の皆様の本学会への入会をお待ちしております。
                                       2019年 4月 1日

 

 

ページトップへ戻る