南九州歯学会

南九州歯学会とは?

会長

南九州歯学会 会長 西 村 正 宏

 令和3年4月より南九州歯学会の2代目会長を拝命致しました。 南九州歯学会は鹿児島大学歯学部を運営母体として、平成31年の4月に創立されました。令和とともに産声を上げたともいえる新しい学会です。
 これまでの40余年の間、鹿児島大学歯学部では研究成果はそれぞれの専門学会や専門誌にて発表するべきとの考えから、独自の学会を持たず、学内の紀要のみを刊行してきました。しかし、鹿児島大学は地域貢献型大学としての機能分化が明確化され、本学部も南九州沖縄地域に存在する唯一の歯学の教育・研究拠点として、形のある役割を果たす必要性がでてきました。本学会は、南九州沖縄地域でご活躍の歯科医師を中心とした医療職、関連企業の皆様とともに、新しい歯科医学や歯科医療の情報交換をする場です。日々の臨床や研究成果を紙面に発表する場としては南九州歯学会雑誌を発刊しています。
 令和2年度の学会はコロナ禍の中でもWebにて成功裡に開催され、学会の新しい開催容態が確認されました。令和3年度以降もCOVID19や未知の感染症に負けない学会運営を進めていきます。ぜひ、本学会への入会と活発な情報交換活動をお待ち申し上げます。 
                                       2021年 4月 1日

 

 

ページトップへ戻る